頑張ってます ペコぴー闘病生活

セキセイインコ2羽との残された貴重な時間を記録として残したくてブログをはじめます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペコちゃん、2年経ちました

こんにちは。

ペコちゃんが旅立って2年が経ちました。



ペコちゃんの辛かった顔、季節の匂い、旅立った瞬間を思い出して、そうなると何もできなくなるから、

春が来てほしくないって、命日がきてほしくないって思ってしまいます。。







2週間前に引越しをしたばかりで、ペコちゃん、ぴーちゃんが最後を過ごした所だったから、たくさんのいい思い出も、辛い思い出も詰まった家を離れるのはやっぱりとても辛かったです。











写真からじゃないと撮れなくて画質が、、





カシャって撮って、きっとこの顔は、なあに?って顔だね☆











水浴びしてここでお空に飛んでる小鳥さんにビクビクしながら乾かしてるところだね☆













寝ているえっくんと一緒になって寝るんだよね。

優しいお兄ちゃん☆











キリッとしたおめめだね☆









自分の画像や声を携帯から見たり聞いたりするのが大好きだったね☆









ペコちゃん、あなたがお空にいって2年なんだね。



なんだかもっと長く感じるような、そんな気がするよ。



ママはあなたに会いたくてたまらないよ。



過ごした大事な大事な思い出をずっといつも心に想っていきたい。



新しいお家はもうあなたとぴーちゃんと思い出がないのがさみしいよ。



あなたたちが好きだったものはママの宝物だから、これからもずっと大事にしていきたいよ。





今日はあなたが最後までたくさん頑張った日だから、ママもまた今日から一年、いつかあなたに追いつけるように頑張るね。





☆ずっとずっと大好きだよ☆







皆様とインコちゃんがたくさんの幸せと思い出をこれからもずっと作っていけますように☆



最後まで読んで下さりありがとうございました☆



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイイ ンコへ
  1. 2015/04/26(日) 09:23:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぴーちゃん、一年経ちました

こんにちは。
ぴーちゃんが旅立って一年が経ちました☆

一年前、、、その二日前に病院に行ったばかりでした。
その時先生から、

腹水がかなりたまっているが抜くことはできない。どの部分に今腹水がたまっているのか検査するのもぴーちゃんには危ないと。。利尿剤も効くか分からないけど、お薬で様子を見るしかない、

そして、

一ヶ月もつかは分かりませんと言われました。

その時のぴーちゃんは、胸骨が素人でも分かるくらいとびでていて、ご飯もほとんど食べれていなくて、飲むのも苦しそうに飲むくらい悪くなっていました。

だからお尻洗いすら圧迫したら危険になり、でもうんちが固まるから気をつけながらお尻洗いをするしかなく、先生からも注意してするように言われました。

先生が、

ぴーちゃんもペコちゃんの時と同じような看護で、側にいて好きなことをさせてあげて下さい、それが一番だと。

新しく処方して頂いたお薬をぴーちゃんはきつそうにしながらもよく飲んでくれました。でもOS ー1も欲しがったのであげていました。


旅立つ前の日はご飯もたくさん食べてくれて、、、
まさか旅立つなんて思っていませんでした。

お薬が効いてくれたんだ、そう思っていました。


旅立つ日の朝、いつもならぴーちゃんはお部屋で過ごすか、お部屋の近くの電卓に行くのに、一人でトコトコテーブルまできてくれて、パパさんとえっくんの側にいました。

みんなでご飯を食べながら、ぴーちゃんはパパさんの足のあたりにくっついて、
なんだかいつもと違うなあって言ってました。

そのまま30分くらい過ごして、朝の用意のためパパさんが洗面所に行き、えっくんが動き出したので、危ないからぴーちゃんをお部屋に戻しました。

そしてお薬を飲ませました。
お薬を飲んだ瞬間、ぴーちゃんが急に羽を広げて苦しそうにしだし、パパさんが急いで手のひらにのせました。

そしてパパさんが頭を撫でて、ぴーちゃんは少しずつ呼吸がうすくなっていって、そのまま旅立ちました。

どうして、、、お薬が効いているのかと思っていたから、、、

胸骨も出てしまい、痩せこけてしまい、頭ではもう長くないと分かっていたんだけど、少しずつご飯を食べれるようになっていたから、、
まさか旅立つとは思っていませんでした。

旅立つ四日前にも羽を苦しそうに広げて、急いでパパさんに戻ってきてもらい、その時は20分くらいと長かったんですが、苦しそうにしたあと元気になってきました。

その発作の後の四日間は今思えば、いつものぴーちゃんじゃなくて、すごく甘えてくれるし、ご飯も少しずつ食べれて目つきも良くなってきた、、

不思議ですね、ペコちゃんにも大きな発作の後のちょうど四日間、ぴーちゃんも大きな発作の後の四日間、二人ともちょうど四日目で旅立ちました。

でもその四日間はとても濃い四日間でした。

私はこの四日間はプレゼントだと思っています。

ぴーちゃんのお骨はとても綺麗で太くて、22歳という年齢まで頑張って生きたぴーちゃんのお骨なんだって思いました。




ぴーちゃんは飛べるころはいつもハンモックに入っていました。




壁紙かじるの好きだったね☆




えっくんの車も怖がらずにいつも遊んでくれたね




ぴとってきつかったのにきてくれたね




ぴーちゃん、、一年が経ったね。

ぴーちゃんはちょっぴり強気で、でもいつも小さなママで、だから私はどこかぴーちゃんに甘えてしまっていたような気がするよ。


カキカキできなくて、飛べなくて、でもそれでもぴーちゃんはワガママ言わなかったね。


ぴーちゃんはきっとみんなの人気者だろうなあ。

ぴーちゃん、ずっとずっと大好きだよ。
私たちのところにきてくれてありがとう。
パパさん、えっくん、ママもたくさん愛してくれたね。
私の中ではぴーちゃんは、やっぱり小さなママで私の先輩なぴーちゃんなんだよ。

いつかきっと会えるよね?
いつもずっとずっと想っていたいよ。


ぴーちゃん、ありがとう。



すごく長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さりありがとうございます。

皆様とインコちゃんがたくさんの思い出を作っていけますように☆


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

  1. 2014/05/20(火) 09:58:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

一年が経ちました

こんにちは☆
ペコちゃんが旅立って一年が経ちました。

この一年、、、
とても長く感じます。

でもペコちゃんの旅立つ日のことは、昨日のことのように、、
あの日のにおいとペコちゃんの感触とやっぱり思い出します。




病気にさせてしまったこと。

最後まで頑張らせてしまったこと。

たくさんの自由を奪ってしまったこと。

たくさんの後悔が残ります。


旅立つ前の日にジッと私を見つめた顔が、今までに見たことがないくらい力強い顔ですごくドキッとしました。





ペコちゃんとぴーちゃんが出会って10日目の写真です(*^_^*)

2人ともお互いを怖がっていたのが、10日目に初めて近くまで距離が縮まり写真を撮ることができました。



えっくんが産まれて、こうやって近くにねんねしていました(*^_^*)

動くものとかすごく怖がるのに、こうやってずっといてくれて、思えばこれは多分嫉妬も半分あったんじゃないかなあって思っています(*^_^*)



この写真は私が一番好きな写真です(*^_^*)

ペコちゃんは左右の羽が横にすごくハネてて、小鳥屋の方にペコちゃんを見せたことがあって、 そういう毛の流れの子もたまにいるんだよって言われてて、確かにぴーちゃんはそんなにハネがないなあっとみんな違うんだあって感動しました(*^_^*)

そのハネも闘病してからはなくなってきましたが。。


ペンダントにお骨をいれて、気持ちはいつでも一緒です。





ペコちゃん

あなたに触れられなくなって、声をきけなくなって、一年がたったね。

ママが受けたショックより、ペコちゃんの辛さを分かってあげれなかったこと。

一人でたくさんたくさん頑張らせてしまったこと。

ペコちゃん、ごめんね。

今はぴーちゃんと一緒にお空にいるのかな?
たくさんお友達ができたかな?


ママをたくさん愛してくれてありがとう。

これからもいつもずっと想って生きていきたい。

ずっとずっと大好きだよ。



一年が経ち、
皆様からたくさんの応援と励ましを頂いてとても感謝しています。
☆ありがとうございます☆

皆様と皆様のインコちゃんがずっと幸せな思い出を作っていけますように☆



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村


  1. 2014/04/26(土) 14:13:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ぴーちゃん、ありがとう

おはようございます。

先日は温かいお言葉を頂き、ありがとうございました。

ぴーちゃんが今日午前7時40分に、旅立ちました。


ペコちゃんが旅立ってから急に甘えるようになり、そして一気に腹水がたまってしまい、先生からは一ヶ月持たないかもしれないと言われていました。

昨日は今までで一番甘えてくれて、今日の朝も旅立つまでずっとパパさんの側にいて、私にもすごく甘えてくれて、、、





昨日のぴーちゃんです。




きつい中で、たくさんぴーちゃん頑張ってくれました。


年齢もあり、腫瘍が分かったとき、抗生剤などしか対処できないと言われて、それでも丸2年頑張ってくれました。

最後はパパさんの手の中で、静かに旅立ちました。


ぴーちゃん、22年8ヶ月。
我が家にきてくれて7年8ヶ月、ずっと側にいてくれて、たくさんの愛をありがとう。


ぴーちゃん、大好きだよ。




昨日のぴーちゃん。
天使みたいです。



立て続けに二人とも失い、辛いです。


今までたくさんの応援、温かいお言葉、皆様から支えて頂き、心から感謝致します。


ぴーちゃんのこと、ちゃんとブログに残したいので、少し落ち着いたら更新したいと思っています。


皆様、本当にありがとうございました。





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイイ ンコへ
  1. 2013/05/20(月) 08:54:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:67

温かいお言葉に感謝しています。

こんにちは。

ペコちゃんが旅立って一週間がたちました。

皆様からの温かいお言葉に心から感謝致します。

たくさんの方が見て下さり、温かいお言葉を頂き、本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。



一週間がたち、すごく長い気がします。

まだやっぱりボーッとしてしまい、夜は特に胸が苦しく寂しくなります。

でも少しずつ、現実なんだと、過ごした日々を思い出しながら少しずつですが前に進んでいこうとしています。


ペコちゃんが旅立つ日のことからを少し書こうと思います。

長くなりそうですが、もしよろしければお付き合い下さい。




26日は朝はOSー1も受け付けなくなり、少しずつ目を閉じるようになってきました。

お豆腐もヨーグルトももう食べなくて、午前中に抱っこしてぴーちゃんのお部屋、好きだった場所、楽しかった思い出、たくさん頑張ってきたこと、たくさんお話しをしました。

10時くらいからだんだん意識がなくなり、目を開けなくなりました。

もしかしたらこのまま旅立つかもしれないと思い、パパさんに戻ってくるように電話をしました。


ヨーグルトで顔がベタベタだったので、コットンでふき、そしてたくさんペコちゃんの好きな歌を歌い、ありがとうとたくさんたくさんお話ししました。

もう目は開けないけど、手の中にまだ温かさがあって、かすかに息をしている状態でした。

パパ遅いね。
ペコちゃん、もう少しでパパが帰ってくるよ。

そう言って11時35分まで手のなかで頑張ってくれました。

パパさんが家のドアを開けると、ペコちゃんが目を開けました。

そしてパパさんが急いできて、ペコちゃんはもう立てないのに一生懸命立とうとして、しっかり目を開けて、そして10秒ほどで旅立ちました。

帰りを待っていてくれました。


たくさん頑張ったよ。
僕のこと、忘れないで。


ペコちゃんのメッセージな気がするんです。


最後まで本当によく頑張ってくれました。
最後まで優しい子でした。


病院にお礼の電話をしました。
先生に旅立ったことを伝え、今日まで頑張ってきたこと、ご飯を食べようとしたこと、伝えました。

先生は やっぱり家に戻りたい、その一心じゃないかと、そして強いのをしたのに、本当に強いとおっしゃってびっくりされていました。


苦しい中、本当によく頑張ってくれました。
ペコちゃんがくれた4日間は本当に幸せでした。
トイレに行く以外ずっと一緒に過ごすことができました。
今までこんなに一緒に過ごしたことがないくらい、ずっと側にいれて、抱っこできて、お話しできて、さわれて、本当に本当に幸せでした。

最後まで生きようと頑張ってくれました。


旅立った日はみんなで一緒に寝ました。

ペコちゃんの画像をのせます。お気を悪くされた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。


次の日、ぴーちゃんが出てきてじっとペコちゃんを見つめていました。



ペコちゃんの側でねんねしようとしていました。


そしてぴーちゃんともお別れをしました。
ぴーちゃんもお別れが分かるようでした。

ぴーちゃんはあまりペコちゃんのこと好きではなかったんです。
ペコちゃんは発情していたころは好きで、よく追いかけまわしていました。

でも二人はいつも一緒でした。




本当は豪華にしたかったけど、火葬になるので紙の箱にしました。

午前10時にペット葬儀社にいきました。
最後のお別れをして、トレイに箱を置いて、そして本当のお別れをしました。

もう二度とペコちゃんの体をさわれない、辛かったです。

30分後に見たのはお骨になったペコちゃん。

体は黒いとこが多く、以前胃に癌が転移しているかもと言われていたんですが、そうだったのかな、、
それくらいたくさん黒いとこが多く、たくさんたくさん頑張ってくれたんだと改めて思いました。

お骨も手が震えて上手く骨壺に入れることができませんでした。





ペコちゃんの過ごしたお部屋があった場所に小さいけど、ペコちゃんのスペースにして、アクリル板とひよこ電球をぴーちゃんに使うことにしました。

ひよこ電球はぴーちゃんは小さいのがあるんだけど、なんだかひよこ電球はしまいたくなくて、ぴーちゃんに使おうとセットしました。




ペコちゃんが旅立って、ぴーちゃんは3日くらいあまり元気がなく、ご飯もあまり食べなくて、でもお外には出てきてくれるんですが、昼間は私と二人っきりなので、まだぴーちゃんはあまり落ち着かなくて、テーブルの下をウロウロしていました。

ペコちゃんの写真を置いたらじっと見つめています。





側でねんねしようとしていました。




ペコちゃん、最後まで本当によく頑張ったね。

8年8ヶ月、ママは本当に幸せだったよ。

たくさん苦しい思いをさせてごめんね。

ペコちゃんからもらった大きな愛を、たくさんの頑張りを、これからもいつもずっと思いながら生きていくからね。

ずっと私たちの長男だよ。

大切な大切な私たちの赤ちゃんだよ。


ペコちゃん、ママの子どもでいてくれてありがとう。




皆様からの温かいお言葉 、本当にありがとうございました。
温かいお言葉、私もペコちゃんも本当に幸せです。



ぴーちゃんも頑張っていますので、ブログを続けて行きたいと思っていますが、覗いて頂けたら嬉しいです。


最後まで見て下さり、応援して下さり、本当にありがとうございました。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイイ ンコへ
  1. 2013/05/03(金) 11:35:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。